顔 むくみ 原因

 

顔がむくんでしまう原因は様々

顔がむくんでしまい、いつもと違う印象になってしまうという事がありますよね。ふと、鏡を見た時にむくみが酷いと、その日一日の気分までダウンしてしまいませんか?

 

顔がむくむ原因は一つではなく、様々なものがあるとされているようです。

お酒で顔がむくみやすくなる

顔がむくみやすくなる原因の一つには、アルコールの摂取というものがあります。アルコールを摂取し過ぎるとむくみやすくなるというのは、多くの人が聞いた事のある話なのではないでしょうか?

 

スキンケア情報サイトのひとつであるスキンケア大学には、顔のむくみの原因のひとつにアルコールを摂取する事だと記載されています。

 

どうしてアルコールを摂取する事が顔のむくみに繋がってしまうのか・・・?病院・クリニック等の医療機関HPを調査してみたところ、脳神経疾患の研究に力を入れている総合南東北病院のHPに答えが記載されていました。

 

人間の体は、アルコールを摂取すると血管が拡張していつもよりも太くなる様です。血管が太くなると、血液の流れが緩やかになってしまい水分がうまく体の中を巡らなくなってしまいます。

 

水分が体の中をしっかりと巡らなければ水分はどんどん溜まっていってしまい、顔のむくみとなって現れてしまうという事だそうです。

 

どんなアルコールがむくみの原因になってしまうのか?

ちなみに、総合南東北病院のHPに、ワインや日本酒などのアルコール度数の強いお酒を飲むと顔がむくみやすくなると記載されています。また、スキンケア大学では大量にアルコールを摂取すると顔がむくみやすくなるとありました。

 

つまり・・・、顔がむくみやすくなるのは「アルコール度数の高いお酒飲んだ時」、または「アルコール度数が弱くても大量に摂取した時」だという事が分かります。

 

腎臓の病気で顔がむくむ

たくさんある病気の中には、顔がむくんでしまうという症状が出てくるものもある様です。先ほども出てきた総合南東北病院HPによると、むくみが出る病気が1番多いのは、「腎臓が関わっている病気」だという事が分かりました。

 

例えば、腎不全やネフローゼ症候群等の病気に罹ってしまうと、まず顔のむくみが症状として現れてくる事が多いと記載されています。顔全体が丸くむくみ、中でも瞼に目立ってむくみが集まってくる様です。

 

そして、そんな腎臓系の病気の中でも、特に顔のむくみが酷く現れてしまうのが急性腎炎だと言われています。

 

様々な健康食品を取り扱っている清和物産によると、急性腎炎に罹ってしまった初期は顔のむくみが特に酷いそうです。瞼が異常な程むくみ、それが一向に治まらないという場合は、腎臓の病気かも知れないと疑った方がよさそうです。。。

 

薬の副作用でも顔はむくみやすくなる

中には、「薬の副作用なんて私には関係無い」と思っている人もいるようですが、厚生労働省の重篤副作用疾患別対応マニュアルによると、実に多くの薬に対し、副作用として「顔のむくみ」があると記載されています。もしかしたら、あなたが飲んでいる薬も顔がむくみやすくなる成分が入っているかも知れません。

 

歯が痛かったり、熱があったりすると、解熱座剤や鎮痛剤を飲む人も多いですよね。厚生労働省を初め、様々なクリニックHPによると、解熱剤や鎮痛剤には、顔がむくみやすくなる症状が副作用として表れる、という説明が記載されていました。

 

また、女性ホルモンを整える為や、避妊目的でピルを飲んでいるという人も多いと思いますが、ピルを飲んでいる女性は、その副作用として、むくみの症状が表れやすい、という記載がありました。

 

ステロイドの副作用でむくんでしまう

医大の外科医に話を聞いたり、様々なサプリメントを購入出来るサプリメントクリニックのHPを見てみると、ステロイドの副作用には顔がむくみやすくなってしまうというものがあり、その副作用が現れてしまうと、顔がいつもよりかなり大きくなってしまうそうです。

 

更に、副作用が特に現れやすいのは、ステロイドを皮膚に塗った場合ではなく内服薬として使用した場合だという説明もありました。

 

寝起き・起床時は重力の関係でむくみやすい

主に体のゆがみを直す事に力を入れている整体院のN&KカイロプラクティックのHPには、肩がこっていると、顔や頭にうまく血液が回らないので寝起きに顔がむくみやすいのだと記載されています。

 

また、冷え性の人も寝起きに顔がむくんでしまう事があるようです。冷え性になると、血液の流れが遅くなってしまう事で、寝起きの顔がむくみやすくなってしまうとされていました。

 

そして、寝ている間は体が殆ど水平なので、余分な水分が体全体に行き渡りやすくなってしまうと記載されています。そのため、寝起きは顔にも余分な水分が多く、それが原因で顔がむくんでしまっているということでした。

 

また、寝起きの顔のむくみの原因のもう一つは前日の食事の塩分が原因の場合です。塩分は水分を抱え込む性質があるので摂取し過ぎると、次の日の寝起きは顔がむくみやすくなってしまうと記載されています。

意外と知られていない?顔のむくみの主な原因をまとめてみた関連ページ

水分の取りすぎ
顔や全身がパンパンに「むくんで」しまう最大の原因・・・それは体内の水分にあります。人間に渇せない水分も、場合によってはむくみの原因になるのです。水分をうまく調節できていな場合や水分をとりすぎてしまったときなどにむくみが生じやすくなります
むくみと生活習慣
乱れた生活習慣・・・忙しい現代人は生活習慣がどうしても不規則になりがちですが、それが長く続くとむくみも生じやすくなります。また長時間同じ姿勢など、普段の生活の中の細かな点がむくみにつながることがあります。
むくみと食事・食生活
食生活の乱れが健康や美容に影響を及ぼすのは有名な話ですが、顔や脚のむくみとももちろん深い関係があります。顔のむくみが悪化する原因となる、食生活や食事内容を説明しています。心当たりがある人はまず食生活を改善しましょう。
むくみと代謝
代謝が悪い人はむくみやすい?体内にある水分のめぐりと無駄な水分の排出・・・この「水分代謝」や「基礎代謝」がおとろえると、体や顔がむくみやすくなります。体の代謝の状態と、むくみの関係を見て行きましょう。
むくみと睡眠
人間の健康と美容には欠かせない睡眠ですが、実はむくみとも深い関係があります。「朝起きたら顔がむくんでパンパンになっていた・・・」睡眠不足のとき、こんな経験をした人は多いでしょう。睡眠とむくみの関係を説明しています。
むくみと病気
顔のむくみは誰にでもおこりうることですが、むくみが長く続くなどの場合は、思わぬ病気がひそんでいることもあります。むくみ以外の症状(体重増加、食欲不振、疲労感など)が見られる場合など、病院での診察を受けたほうがいいでしょう。
塩分とアルコールの摂りすぎ
日常生活の中で身近な塩分とアルコール。実はこの2つのとりすぎが、顔のむくみにつながることをご存知でしたか?とくにアルコールは顔のむくみにつながりやすい存在です。顔のむくみと塩分・アルコールの関係を同時に見て行きましょう。
何故女性は男性と比べてむくみやすいのか?
「女性の方がむくみやすい」という話を耳にした事があるという人は多いのではないでしょうか?実は女性がむくみやすいというのには、しっかりとした理由があったのです。
季節とむくみ
気温が高くうだるような暑さが続き、気力や体力がどんどん失われていく季節、夏。体を冷やそうと冷たい飲み物を飲み続けたり、エアコンにあたりっぱなしでは、体は知らぬうちにどんどん冷えていきます。この冷えがむくみの原因となるため、夏はいっそうむくみやすいのです。
むくみのチェック
こんなときは顔のむくみのサインかも・・・?皮膚などをさわって「むくんでいるか」を確かめる方法がいくつかあります。むくみをすばやくチェックするには、「むくんでいるかも?」と思う場所を指で押してみましょう。
むくみと妊娠
女性のむくみはホルモンバランスも大きく関係していますが、このホルモンバランスが崩れやすい妊娠中はむくみが出やすいといわれています。どうして妊娠中はむくみが生じやすいのでしょうか?また時期によってむくみやすい箇所も若干違うようです。